Take Back Teaching|教育を考える
  • HOME

結婚式プレゼントでやってはいけないこと

結婚式は新郎新婦その家族にとっては、一生に一度の晴れ舞台です。祝福ムードたっぷりの雰囲気を壊してしまわないよう、プレゼント選びやその贈り方に対しては、細心の注意が求められます。まず何をプレゼントするかについてです。贈ってはいけない物としては、包丁やナイフが挙げられます。これはその道具の性質上、縁を切ると言うことをイメージさせてしまうためです。

また割れやすい、壊れやすいと言う性質上、ガラス製品や陶芸品も避けるべきだと言われています。ただしご本人が希望されているのであれば、この限りではないと言うことは頭に入れておきたいです。また最近では、包丁などは幸せを切り開く、ガラス製品などは幸せが増えると解釈されることもあり、高級ブランドのそれを贈ることも増えてきているようです。

結婚式のプレゼントに相応しいものとしては、ふたりの新生活を彩るようなもの、生活の中で利用する頻度が高いものが良いとされています。たとえばキッチン用品やインテリア用品、家電などがその一例としては挙げられます。可能であれば、やはり本人たちの希望を聞いておくことが望ましいです。

お金を贈ると言うのも間違いではありませんが、やはりそれだけでは味気ないので、お金にプラスして何かしらの品物を贈るのが良いです。それから実際にプレゼントを渡すタイミングに関してです。結婚式プレゼントだからと言って、結婚式当日に渡すのは避けるべきです。荷物が増えることにもなってしまい、相手の迷惑にもなりかねないためです。

どうしても当日に渡したいと言う場合は、事前にその旨を伝えておくか、持ち運びに困らない、負担にならない大きさ、重さの物を選ぶべきです。だいたい結婚式の1週間前位に届くよう、配送をするのが最も適切な方法です。結婚式後でも失礼には当たりませんが、やはり式前に届けておく方がタイミングとしては望ましいです。また式後は、新婚旅行に出かけると言うことも多いので、この場合はスケジュールを確認しておくことが必要です。

ブライダルで両親への贈り物として人気です。

Copyright (C) 2014 Take Back Teaching|教育を考える All Rights Reserved.

Page Top